加速制作記

ブログははじめてだしよくわかんないところもあるけどやってみる。とりあえずグダグダのんびりゆるーくいきたいとおもいます。

シタデル塗料その5

前回の続きです。今回で塗装は終わりです。

では残りの顔を塗っていきます。

f:id:Kamasoku:20180116200922j:image

使うのはマリーンズカラーに入っているBUGMANS GLOWです。要は肌色ですね。しつこいようですがよく振ってパレットに出しました。

f:id:Kamasoku:20180116201031j:image

といってもとても細かいところなので私流のゴリ押しをお見せしたいと思います。

f:id:Kamasoku:20180116201149j:image

塗料を筆にいつもより多めにつけて思いっきり乗せます。この時点だと失敗した感じに見えますが…

f:id:Kamasoku:20180116201157j:imagef:id:Kamasoku:20180116201246j:image

乾くといい感じに(はみ出したりした場合は前の色からやり直しましょう)

ということで塗装が完了しました。

 

ウソです、まだ終わってません。というよりこれではシタデル塗料の本当の凄さをお見せ出来ていません。

そもそもシタデル塗料にはシタデルペイントシステムというやり方さえわかれば誰でもいい感じの塗装ができるシステムがあります。

今まで塗料本体にシタデルという文字と塗料の名前以外に一単語出ているのをお気づきでしょうか?

f:id:Kamasoku:20180116201609j:imagef:id:Kamasoku:20180116201614j:image

(WHITESCARの場合LAYER 、LEADBELCHERの場合BASE)

この文字はペイントシステムを使う上で非常に大切な単語となってきます。

BASEは文字通り土台です。塗る上で基本的な色となります。

今回は出てきていませんがSHADE。ディテールと自然な陰影を際立たせる塗料でベースより水っぽい塗料です。

今回はグレーを作るために使ったWHITESCARなどのLAYER。BASEより比較的明るい色が多いです。

この他にも色々ありますが私がまだ初心者ということもあって知らないことも多く語れません…ごめんなさい。

ただそういったところが知りたいと思った方はぜひアプリをダウンロードしてください。

f:id:Kamasoku:20180116211939p:image

塗料やキットによって変わる塗り方を知ることが出来、持っている塗料、欲しい塗料をマークしておくことができます。一本一本が高い塗料を間違えて買ってしまいお財布へのダメージを食らうっていうことも減らすことができます。

 

ここまで説明したところでペイントシステムを使っていきます。

f:id:Kamasoku:20180116213308j:imagef:id:Kamasoku:20180116213316j:image

アプリで色からカラーを探す→シルバーを選択→使う塗料と完成イメージが出ます。

ただどちらも持っていません。

なのでシェイドを水でシャバシャバにしたIMPERIALPRIMERで代用、レイヤーをWHITESCARとLEADBELCHERを混ぜたもので代用していきます。

f:id:Kamasoku:20180116213555p:image

作業の流れのイメージはこんなかんじです。

本来ならBASE(基本色)→SHADE(基本色に応じた塗料)で塗っていくみたいです。

つまり私がやっていたこれまでの作業は全てBASEのみだったということですね。

というわけでまずはSHADEです。

普段ガンプラ等をやってる感覚としては墨入れみたいなものですね。

全身に薄めた黒を塗りたくりました。

f:id:Kamasoku:20180116220825j:image

 一段階色が落ち着いた感じですね。

 

次はLAYER。LEADBELCHERとWHITESCARを混ぜて明るい銀を作りました。

f:id:Kamasoku:20180116220619j:image

 塗るところとしては光の当たる鎧のところ。

上からライトなんかで照らすと塗るところがわかりやすいかも。

f:id:Kamasoku:20180116220943j:image

 光が当たってよくわかりませんが塗りました。

f:id:Kamasoku:20180116221021j:image

 

最後にハイライトを入れていきます。一番光の当たりそうなところにちょんちょんとさらに明るくした銀を塗りました。

f:id:Kamasoku:20180116221120j:image

 というわけで完成です。

三体目(撮影外で弓兵も塗りました。)にしてはなかなかいいのではないでしょうか?

ペイントシステムさまさまです。

最後になりますが少しはシタデル塗料の魅力を伝えられましたでしょうか?初心者の私でも気軽に''楽しく''塗装することが出来ました。

見ていただいた通り水性塗料としては隠蔽力がとても強いので、使ってみて気に入らなかったとしてもほかのプラモデルの細かいところを塗るのになかなかいいそうです。

シタデルについては今回で1度終わりますがブログはまだまだ続く予定です。良かったらまた見てください。