読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーそく制作記

ブログははじめてだしよくわかんないところもあるけどやってみる。とりあえずグダグダのんびりゆるーくいきたいとおもいます。

ゼニヤッタ風百錬(ジオラマ)作成、その1

どうも。今回はオーバーウォッチという対戦型アクションゲーム?に登場するゼニヤッタをモチーフとした百錬を製作。

f:id:Kamasoku:20170501181548j:image

と言っても使用したキットは二つだけ(厳密に言えば三つ)

f:id:Kamasoku:20170501181804j:imagef:id:Kamasoku:20170501181807j:imagef:id:Kamasoku:20170501181809j:image

百錬→頭部と下半身、バルバトス→上半身&腕部フレーム、オプションセット→平手。

 

まず上のセットを使って

f:id:Kamasoku:20170501182053j:image

こんな感じに腕にプラ板で外装、首?は余ったポリキャップとプラ板で箱組。

 

実はこれでほとんど完成。

今回挑戦したのは塗装を剥がして汚すという方法。

まず全体をジャーマングレーで塗装→シリコンバリアー(離型剤を筆塗り)→基本色塗装→あとは剥がしてトップコート

ただ基本色塗装の時アクリル塗料を塗った方が良いらしく(自分はラッカー塗料)剥がすのがそこそこ大変だった…結局竹串に両面テープを貼り 擦るように剥がした。

けどいい感じになった。結果として見ると明るい色を塗った方が剥がした時分かりやすかったりする。

f:id:Kamasoku:20170501182620j:imagef:id:Kamasoku:20170501182625j:image

また、画像のような凄い光るわけでもないが、それなりの光沢が欲しいっていうシルバー塗装の仕方をTwitterで聞いたところ意見をいただいた。

その中でこれがいいって思ったのが、つや消しを吹くというもので最終的になかなかいいものになった。

f:id:Kamasoku:20170501182758j:image

最後にスミ入れだが油汚れっぽいものをしたいと思い普通のブラックにクリアーオレンジを混ぜてスミ入れした。これも隙間に薄く汚れが残る感じでなかなか良かった。

f:id:Kamasoku:20170501183141j:image

 

本体が完成したところで、ジオラマにするという考えも出てきて、色々あったがそれはまたの話。

ではでは。