加速制作記

ブログははじめてだしよくわかんないところもあるけどやってみる。とりあえずグダグダのんびりゆるーくいきたいとおもいます。

補足説明

今回は補足説明になります。

その1ラッカーパテ。

今回のシタデル塗料の記事で使っているラッカーパテはタミヤラッカーパテになります。

f:id:Kamasoku:20180114221633j:image

(画像はタミヤさん公式ページから)

そもそも模型のパテとは?

色々な使い方、使い分けができますが私は基本的にエポキシパテ、ラッカーパテ、ポリエステルパテを使用しています。(他にも瞬間接着剤パテなど。)

エポキシパテ→2つの材料を混ぜて化学変化で硬化させるパテです。特に匂いもありません。

主に1から形を作る際おおまかな形を作る時に使っています。超硬くなる紙粘土みたいな感覚です。

ラッカーパテ→今回使用したものです。何かと混ぜる必要なくチューブから出してすぐに使えます。またサーフェイサー(下地塗料)のようにラッカーの溶剤と混ぜることで緩くしてつかうこともできます。形を作ったり盛ることは基本的にあまり出来ません。(衝撃等に弱いため)ただ匂いが結構キツいです。

主にパーツ同士の合わせ目を消す作業(合わせ目消し)や退けているところに持って凹みを埋める作業なんかに使っています。この時爪楊枝なんかがあると扱いやすいです。

ポリエステルパテ→2つの材料を混ぜて硬化させるパテです。ここまではエポキシパテと同じに思えますが硬化剤の量が細かく決められており(例:主剤の〇%など)間違えると固まらなかったりします。扱いの点では一番難しいかも。また匂いもあります。

主に大きな隙間などを埋める際に使っています。また盛ることが出来るためパーツを作るのに使う方もいるそうです。ちなみに硬化後はこの中では最も固くなります。

 

以上でパテの説明です。何となくポリエステルパテが悪く見えてしまう文章ですがどれも良い点と悪い点があるので使い分けるのをおすすめします。

 

その2、2度切り

2度切りとはパーツを切り取る時の技法です。

 ※左のパーツの青い所をランナー赤いところをゲートと呼びます

f:id:Kamasoku:20180114223714p:image

パーツを取り外す時直接ニッパーで取り外す(1枚目)と取ったところが白くなったりえぐれたりします。その際ゲートごと切り取り(2枚目)二回切ることでパーツへの負担を減らす方法です。

f:id:Kamasoku:20180114224038j:imagef:id:Kamasoku:20180114224049j:image

左がゲートごと切り取ったもの右が直接切ったものです(今回はガンダムシリーズのプラモデルを使用しています)

f:id:Kamasoku:20180114224137j:image

二度切りの場合このようにゲートを切り落とします。二回切るから二度切りってわけです。

f:id:Kamasoku:20180114224319j:image

ちなみにこれくらい差ができます。1度で取り外した物は少し白いのが残っているのがわかるでしょうか?

f:id:Kamasoku:20180114224433j:imagef:id:Kamasoku:20180114224442j:image

このように差ができる訳ですが2度切りをしても残る場合がパーツによってあります。

そういった際ヤスリで削るか刃物で削ぎ落とすという手が有効です。今回は削ぎ落とす方法を説明します。

まずこのふたつのカッター上がデザインナイフ(アートナイフ、デザインカッターなど名称は様々。)下が普通のカッターです。

削ぎ落とす際はデザインナイフを使うのをオススメします。力をいれやすく刃の向きが違うのでとても切れやすいです。(切れやすいということは怪我もしやすいということです。十分に気をつけて使いましょう。)

f:id:Kamasoku:20180114224836j:image

ではやっていきます。今回は見やすいように残ったところにマッキーで色をつけました。

f:id:Kamasoku:20180114225201j:image

刃先で削ぐように外側に動かします。この時自分の身体の方向にはできる限り向けないようにしてください。

f:id:Kamasoku:20180114225322j:imagef:id:Kamasoku:20180114225439j:image

 少しづつ何回か削ぎました。綺麗になりましたね。

f:id:Kamasoku:20180114225455j:imagef:id:Kamasoku:20180114225518j:image

この時に削ったところが白くなってしまう場合があります。その時はヤスリで削る方法がありますがさらに簡単な方法があります。

爪でしごく方法と接着剤を表面に塗る方法です。

今回は黒いランナーであえて白くして試します。

f:id:Kamasoku:20180114225810j:image

一部白いですね。

ではまず爪でしごくやり方ですがそのまんまです。軽くゴシゴシしてあげましょう。

f:id:Kamasoku:20180114225841j:imagef:id:Kamasoku:20180114225919j:image

こうなりました。かなり綺麗になりました。

f:id:Kamasoku:20180114225938j:image

次に接着剤を塗る方法ですがオススメは流し込み接着剤です。比較的水に近くサラサラで乾くのも早いです。画像の接着剤は両方とも縫ったところを溶かして溶着させるタイプのものです。(有機溶剤で臭いがすごいので換気をしながらやりましょう。)

f:id:Kamasoku:20180114230117j:image

ではやります。付属の筆先で馴染ませるように塗ってあげましょう。

f:id:Kamasoku:20180114230323j:imagef:id:Kamasoku:20180114230329j:image

乾くとこんな感じです。少し光沢がありますがこの辺りは好みや作成物によると思います。

f:id:Kamasoku:20180114230450j:image

 

以上です。 二度切り以外にもゲート処理の方法もせっかくなので記事にしました。

次回以降も補足があれば説明していきます。

次に塗るのは金色とグレーの部分です。

 

 

 

シタデル塗料その3

前回(キットの開封)の続きです…といきたいですがひとつ忘れていました。キットの箱の裏に使用する塗料、見本が載っています。

今回は買い足さず、今ある塗料だけで大丈夫と判断したのでそれだけでやっていこうと思います。

f:id:Kamasoku:20180111230231j:image

では工作に入ります。

まず、いつものプラモを作るようにニッパーで2度切り(今度補足で説明します。)、細かいところはナイフで削ぎ落としました。

f:id:Kamasoku:20180110231115j:imagef:id:Kamasoku:20180110231124j:image

 

見れば見るほど、こまかい…

f:id:Kamasoku:20180110231303j:image

 

 

付属の台座にはめてみました。

f:id:Kamasoku:20180110231332j:imagef:id:Kamasoku:20180110231341j:image

 

 ただ隙間が気になったので、ラッカーパテ(ここも今後補足で説明します。)で馴染ませるように埋めてやりました。

f:id:Kamasoku:20180110231426j:imagef:id:Kamasoku:20180110231436j:image

 

それから1晩、しっかり硬化してくれました。

 

というわけで塗装に入ります!作例だとこんな感じ、これを目指します。(この回では黒、銀を塗っていきます。)

f:id:Kamasoku:20180111230548j:image

しかしここで問題が…持ち手がありません…専用のものが専門店にはあるみたいですが買ってません、仕方ないので後ろにあった凹み?を利用して鰐口の持ち手に挟んで塗装します。

f:id:Kamasoku:20180110231831j:image

 

 まずはコチラ、マリーンズカラーセットに入っているIMPERIAL PRIMER(プライマーの名の通りサーフェイサーのような下地塗料、因みに最近通常ラインナップから絶版になったそうです。レア物になるかも…?)でラッカーパテ、台座、フィギュアの黒いところを塗っていきます。

f:id:Kamasoku:20180110231914j:image

おさらいですが使う前によく振って攪拌。中のベロのようなところからすくってパレットに取り出します。(パレットがペーパーですが次の銀からシートになります…)

f:id:Kamasoku:20180110232420j:image

こんな感じにベターっと塗っていきます。

塗ったところは光沢がありますが数分で乾き光沢がなくなります。ここで注目してほしいのが隠蔽力です。一度しか塗ってないのにしっかり色が乗ってます。すごい。

f:id:Kamasoku:20180110232441j:imagef:id:Kamasoku:20180110232449j:image

ラッカーパテで埋めたところもしっかり隠蔽されてます…

f:id:Kamasoku:20180110232718j:image

 

続いて銀の塗装です。見本を見ると剣、鎧、盾、縦の紋様?が塗るところのようです。

使うのはLEADBELCHERです。同じようにパレットに取り少し水で溶いてあげます。

f:id:Kamasoku:20180111231001j:image

ここで有名かもですが覚えておくと役に立つかもしれないやり方を。縦の模様がとても細かいです。こういった細かいところを筆で塗る時、筆先でちょこちょこ塗る方、いらっしゃると思います。

f:id:Kamasoku:20180111231233j:image

 間違いとかではありません。ただ私のやり方を参考にしていただけたらと思い紹介しようと思います。

といってもやり方は簡単で筆先ではなく寝かせて筆の腹?で表面を擦るように塗るだけです。(画像はパーツの横から見た図です。分かりづらかったらごめんなさい。)

f:id:Kamasoku:20180111231549j:imagef:id:Kamasoku:20180112215853j:image

 こんな感じになります。結構うまく出来てるかと(自画自賛)

うまくできた時は本当に楽しいですね!

 f:id:Kamasoku:20180111231850j:image

 同じようにベタっと鎧と剣も塗りこうなりました。

紹介をまたまた忘れていましたが、シタデル塗料は金属色の発色がとてもいいのも特徴の一つですね。

f:id:Kamasoku:20180111231956j:image

今回はここまで。次回は金色、グレーを塗っていきます。良かったらご覧下さい。

 

 

前回の記事でコメントをいただきました。

本当にありがとうございますm(_ _)m

ただ返信の方法が分からないもので…

この場で軽くだけさせていただきます。

キムワイプ、使ってみます!

 

シタデル塗料その2.5 訂正

前回の続きといきたいですがひとつとんでもない間違いをしていたので訂正します。

前回ウェットパレットでメラミンスポンジの上に''キッチンペーパー''を敷いていましたが私が参考にさせていただいた方の場合、敷いていたのは''クッキングシート''でした…(Twitterで見てくださったらしく指摘してくださいました。)本当にすみませんでした。

というわけで私もキッチンにあったクッキングシートでもうひとつ作りました。

f:id:Kamasoku:20180111172535j:imagef:id:Kamasoku:20180111172553j:image

水を弾いているの分かりますか?

前回の場合キッチンペーパーが水を吸っていたので、取った塗料が少しずつ下のスポンジに流れてしまいます。

しかしシートの場合弾いてくれるため流れることはありません。つまり塗料が無駄になることはないのです。

ただ少し使ってみて、ペーパーに慣れていた私には筆の汚れをその場で取りづらいという少し使いづらい点がありました。

一応真ん中で折って筆を洗えるようにはしてありますが、それでも汚れを取ることはできませんでした。

この辺りは好みにもよるかも知れませんが塗料自体高いのでシートを使うことをお勧めします。

f:id:Kamasoku:20180111174703p:image

またこんな感じに中に2つタッパーがはいっていて同時に使えるタッパーを用意して片方パレット(クッキングシート)、もう片方を筆を洗うバケツのような感じに使ってみるのなんかいいかなぁと考えてます。

こんなこと言ってますが、参考にした方の画像には元々小さいタッパー2つ入りのタッパーがオススメと書いてありました。(私の行った百均にはなくて妥協)

この点も本当にすみません。

次回こそは本格的に塗っていきます。良ければご覧下さい。

 

 

シタデル塗料その2

前回の続きになります。

 今回ご紹介するのはシタデルを使う上でキット、塗料以外に是非用意してもらいたいものです。

f:id:Kamasoku:20180110215418p:image

攪拌ボール(左)とウェットパレット(右)です。

攪拌ボールは必須レベルのもので画像の物は60個入りでだいたい400円くらいです。

撹拌棒でぐるぐるしちゃダメなの?と言われそうですが、 '絶対ダメ' なのです。私は先に予習していたため大丈夫でしたが棒や筆などで攪拌すると、シタデル塗料は中身が一気に固まりほぼ使えなくなるそうです…じゃあどうやって撹拌するんだ…?とも言われそうですが簡単です。

 

振るんです!買った塗料に攪拌ボールを2つほど(ここで水も入れると良い)入れて振る、これだけでしっかり使える状態になります。

f:id:Kamasoku:20180110222720j:image

 次にウェットパレットですがまずシタデル塗料は '乾燥しやすい' この利点でもあり弱点であるところをカバーできるものです。

一枚目の画像(使用しているものですが)のように百均でタッパー、メラミンスポンジ、キッチンペーパーを買って来て詰め、水を入れるだけの簡単なものです。

使い方は普通のパレットと同じ、先程のように振ったボトルから少し塗料を筆で取り出し(この時緑丸の下のところから取り出しましょう。絶対に筆を中に突っ込んではダメです!)パレットに取り出し使います。

f:id:Kamasoku:20180110223537p:image

 普通のパレットだと水で溶いていても10分程度で固まります。ここでウェットパレットの登場です。ウェットパレットなら蓋を締めれば二日くらい使える状態(あくまで私の場合です、蓋の締め具合なんかで変わるかと)をキープしてくれます。また塗料をいちいち水でとかなくても下からスポンジが吸い上げてくれるためすぐ使えます。便利でしょ?

以上!今回紹介したものです。

次回以降はキットを実際に塗っていきます。

ただスペースマリーンは塗ってしまったのでこちらを(画像が横ですみません…)

f:id:Kamasoku:20180110224156j:imagef:id:Kamasoku:20180110224227j:image

同じ会社のプラキットで模型屋で値引きされていたものですwただ中身はすごいです。ミニチュア12体入り!しかもかなり細かくディテールが入っています…

f:id:Kamasoku:20180110224411j:image

 普段ガンプラばかり作っているので驚きでした。外国の製品も侮れませんね。

それではまた次回。

 

 

今年初ブログ、シタデル塗料その1

もう9日ほどすぎてますがあけましておめでとうございます。

今年最初の更新になります。流石にいい加減更新せねばと思いまして。

今年はもう少し頻度上げて更新していきたいです…

というわけで今回はシタデル塗料に挑戦してみましたのでそれについて記事を書きます。(まだまだ初心者目線ですが)

 

まずシタデル塗料って?

→英国の会社GAMESWORKSHOPが販売してる塗料です。基本的にTRPGに使われるミニチュア(プラモデル)を塗るものとして作られてるものです。(画像のもの)

f:id:Kamasoku:20180109220712j:image

ます使ってみて感じた利点としては

・水性アクリル塗料のため水があれば希釈出来て掃除も楽々。

・ 乾きがとても早く、隠蔽力が強い(水性塗料としてはかなりすごい)

・臭いがない!(普段ラッカーエナメルなんか使ってる為ここはすごく気分が良かったです。)

・作業で空いた時間にさっと使える。そして楽しい!

この辺りでしょうか。ただ良い点が多いのは確かですが悪い点ももちろんあります。

・初期投資が結構辛い(輸入品のためひとつ550前後ミニボトル六本セットでも2300…)

・乾きが早いため筆の汚れはしっかり取らないと固まる。また1度出した分は普通のパレットだともう使えないと思った方がいいです。

・量が普通の瓶入り塗料より少ない

これらですね。他にも書きたいことはありますがそれは後ほど。

とりあえず私が買ったものをご紹介しましょう。(偉大なる先輩様が紹介していたものそのまま買いました。本当にありがとうございました)

f:id:Kamasoku:20180109221938j:image

スペースマリーンヒーローズ(プラモ)750円

マリーンズカラー(塗料)+筆のセット2300円

リードベルチャー(銀塗料)単品550円

ホワイトスカー(白塗料)単品550円

計4150円(ヨドバシネットショッピング)

 です。

で完成したものがこちら

f:id:Kamasoku:20180109222423j:image

これ筆塗りです。しかもほぼほぼ重ね塗りなし…使ってみて驚きました、高くてもそれ相応のものだと。この感動は使ってみないと正直分からないかもです。

今回は駆け足でしたがこの辺りで。次回はシタデルの使い方や魅力なんかを初心者(私)目線で紹介できたらと思います。出来れば使ってくれる人を増やしたい…

 

 

ゼニヤッタ風百錬(ジオラマ)制作その2

どうも。

前回の続き(本体完成まで)ですよ。

ゼニヤッタの設定が高山の寺院で修行の身のロボっていう感じの設定なので’’高山の山頂で修行(瞑想)中’’をタイトルにしていくよ。

 

f:id:Kamasoku:20170531235815j:imagef:id:Kamasoku:20170531235826j:image

ベースに使ったのは百均のコルクボード(楕円)

その上にウッドチップ(園芸用のものらしい)を適当に配置。

この上にボンドを少し混ぜた紙粘土をのせて、塗装。(写真撮り忘れ)

f:id:Kamasoku:20170531235948j:image

雪イメージで重曹を振りかけ、上からボンド水溶液(ボンド2水1中性洗剤1滴を混ぜたもの)をスポイトで1滴ずつ垂らして固定。

たったこれだけでもいい感じに。

(刺さっているのはゼニヤッタの武装?オーブイメージ)

 

この後にゼニヤッタを再配置して完成。

 

 

完成写真

f:id:Kamasoku:20170601000253j:imagef:id:Kamasoku:20170601000301j:imagef:id:Kamasoku:20170601000341j:image

という訳でゼニヤッタ百錬制作でした。

剥がすタイプの汚し、ウッドチップジオラマ、野外撮影など初めてやったけどなかなか楽しかったし問題点も見つけることが出来てなかなかにいい制作でしたよ。

 

ではでは。また。

 

ゼニヤッタ風百錬(ジオラマ)作成、その1

どうも。今回はオーバーウォッチという対戦型アクションゲーム?に登場するゼニヤッタをモチーフとした百錬を製作。

f:id:Kamasoku:20170501181548j:image

と言っても使用したキットは二つだけ(厳密に言えば三つ)

f:id:Kamasoku:20170501181804j:imagef:id:Kamasoku:20170501181807j:imagef:id:Kamasoku:20170501181809j:image

百錬→頭部と下半身、バルバトス→上半身&腕部フレーム、オプションセット→平手。

 

まず上のセットを使って

f:id:Kamasoku:20170501182053j:image

こんな感じに腕にプラ板で外装、首?は余ったポリキャップとプラ板で箱組。

 

実はこれでほとんど完成。

今回挑戦したのは塗装を剥がして汚すという方法。

まず全体をジャーマングレーで塗装→シリコンバリアー(離型剤を筆塗り)→基本色塗装→あとは剥がしてトップコート

ただ基本色塗装の時アクリル塗料を塗った方が良いらしく(自分はラッカー塗料)剥がすのがそこそこ大変だった…結局竹串に両面テープを貼り 擦るように剥がした。

けどいい感じになった。結果として見ると明るい色を塗った方が剥がした時分かりやすかったりする。

f:id:Kamasoku:20170501182620j:imagef:id:Kamasoku:20170501182625j:image

また、画像のような凄い光るわけでもないが、それなりの光沢が欲しいっていうシルバー塗装の仕方をTwitterで聞いたところ意見をいただいた。

その中でこれがいいって思ったのが、つや消しを吹くというもので最終的になかなかいいものになった。

f:id:Kamasoku:20170501182758j:image

最後にスミ入れだが油汚れっぽいものをしたいと思い普通のブラックにクリアーオレンジを混ぜてスミ入れした。これも隙間に薄く汚れが残る感じでなかなか良かった。

f:id:Kamasoku:20170501183141j:image

 

本体が完成したところで、ジオラマにするという考えも出てきて、色々あったがそれはまたの話。

ではでは。